石垣島ダイビングの予約状況
ジーフリーダイビングショップ紹介
石垣島マンタカレンダー
石垣島ダイビングスタッフ募集
ダイビング短期プロ育成奨学制度
ジーフリーは安全対策優良店です
ジーフリーは八重山ダイビング協会加盟店です
ジーフリーは八重山ダイビング協会加盟店です
ショップ様向け石垣島ダイビング情報
ダイビングと健康

石垣島ダイビング3月4月のおすすめ_2017年

:2016年12月20日
:耳よりニュース

3月4月石垣島は
本格的にダイビングシーズン始動
 icon-level-up 

kobushime_01-1280

 icon-calendar-o 最高気温:28度~最低気温:25度位 平均水温:25~23度
 icon-user  Wスーツ:5mmウエットスーツ&フードベスト or ドライスーツ

石垣島はすっかり春!日によっては夏日和にも~ icon-meh-o 
 icon-check-square-o でもまだまだフードベスト&ボートコートはお持ちになって下さい
(お持ちでない方にはレンタルもございますのでご安心を!)
 icon-check-square-o ドライスーツをお持ちの方はドライスーツも快適

 icon-anchor 3月4月 春の間のメインエリアは
南部(黒島・竹富島・名蔵・大崎)方面です
(※春期は宿泊先も南部/市街地エリアの方がおススメ)

そして北部エリアへのダイビングも少しづつ増えていく頃
最終的には当日の風向きや海況を判断して
南部出発 or 北部出発 よりベストなエリアに決定します!

3月4月の海 おススメ1 南部出発のポイント
南部エリア(竹富・大崎)はコブシメのドラマが熱い!

kobushime_02-1280

「コブシメの求愛&バトル&産卵」は3月&4月がピーク
コブシメは体長50cmを超える大型ののコウイカ、石垣島ではこの時期、毎年同じ場所にたくさんのコブシメが繁殖のために集まってきます

kobushime_03-1280kobushime_04-1280
そもそもコブシメは体の色を自由自在に変えられるので見ていて飽きない人気の生物なのですが・・・この時期限定の求愛や産卵シーンは、それとは比べものにならないくらい本当に見ごたえがあります!

動画(2’59”)

意中のメスを見つけたオスは体表面の色や模様を変化させ(白っぽいとっても優しい感じの色)雌に熱烈なラブコールを送ります
そこでメスがOKしたら、これまた熱烈な交接がはじまるわけなんですが・・・ kobushime05-1280

↑左がメス、右がオス

人生そんなに甘くない!!
どこからともなく同じメスを狙うライバルのオスが登場します

すると今までのやさしい色が一変!虎のような縞模様を浮かび上がらせて猛然とライバルのオスを威嚇します

kobushime06-1280

↑「俺の方が大きくて強いぜ!どーだ!」という感じ・・・

ライバルのオスも負けじと、同じように威嚇のポーズをとる。体を思いっきり伸ばして自分が相手よりも大きいということを誇示
とにかくすごい迫力なんです!!

さ・ら・に・驚きなのはその色の変え方 ↓ コチラ

kobushime07-1280 何とメスに向いている側の体はやさしい色のままで、ライバルに向いている側の体だけ攻撃色を出すという器用さ
上からみると体の左右で全然違う色なんです(゚ロ゚屮)屮 kobushime_08-1280 複数の雄が一匹の雌を巡って熾烈な戦いを繰り広げるのです。そしてメスを巡るオスの喧嘩で勝敗を分けるのは体の大きさ・・・大きくて強い者が子孫を残せるというのが「自然の掟」なのです kobushime_09-1280 その戦いのかたわらでは無事に愛を育んだメスのコブシメがサンゴの隙間に足を細長~く伸ばして差込み1つ1つ丁寧に卵を産み付けていたり・・・ペアのオスが、産卵するメスを少し離れたところから見守っていたり・・・ kobushime_10-1280

ちなみに産みたてのコブシメの卵は真っ白でピンポン球のような感じ。成熟が進むにつれて殻がだんだん透明に近づき、やがて幼体が透けて見えるようになってきます←これがまたかわいい!(産みつけられてから1~2か月で孵化しますよ)

・・・というわけで~
この時期はコブシメの求愛&バトル&産卵、浮気・二股・嫉妬・ちゃっかり?!etc昼ドラばりの衝撃的な生態を同時に見ることが出来ます!

 icon-camera 撮影も簡単ですよ!求愛や産卵で夢中のコブシメにはかなり寄れるし、じっとしてるのでデジカメでも簡単に写真が撮れちゃいます~

3月4月の海 おススメ2 南部出発のポイント
竹富南はイソマグロポイントが熱い!

isomaguro01-1280isomaguromure02-1280

潮を当てて入れば大型のイソマグロが回遊
ツムブリの群れや時にはバラクーダ、ナポレオンまで~

isomaguro02-1280isomaguromure03-1280

水温が低いのを好む大型生物は夏は深場にいて会えるチャンスが少ないのですが、冬になって水温が下がってくると、ダイバーが潜るような浅い水深で会えるチャンス大なのです!

3月4月の海 おススメ3 南部出発のポイント
黒島でマンタの捕食シーンを抑える!

manta_-suimen01-1280manta_-suimen02-1280

冬は黒島エリアでマンタの遭遇率up
水面で捕食中のマンタを見ることが出来るので、川平エリアのクリーニング中のマンタとはまた違う迫力!!

manta_-suimen03-1280manta_-suimen04-1200

3月4月の海 おススメ4 北部出発のポイント
北部エリア/伊原間アウトリーフで大物のチャンス!

barracuda-1280madaratobiei_3-1280

水温が下がることで回遊魚が浅い水深へ移動
イソマグロやバラクーダが群れはじめます

isomaguro_pair-1280tsumuburi-1280

海況が良ければ憧れの「太平洋エリア」へも
そろそろ出動のチャンスあり!!

bluecave_01-1280 bluecave_02-1280

3月4月 見どころ満載!春の石垣島へ

Please come for diving icon-anchor 

お待ちしています icon-exclamation 

staff2017_cut

石垣島ダイビングNEWS/担当 女史