石垣島ダイビングの予約状況
ジーフリーダイビングショップ紹介
石垣島マンタカレンダー
石垣島ダイビングスタッフ募集
ダイビング短期プロ育成奨学制度
ジーフリーは安全対策優良店です
ジーフリーは八重山ダイビング協会加盟店です
ジーフリーは八重山ダイビング協会加盟店です
ショップ様向け石垣島ダイビング情報
ダイビングと健康

石垣島ダイビング7月8月9月のおすすめ_2017年

:2017年04月15日
:耳よりニュース

7月8月9月石垣島は夏本番 icon-level-upicon-level-upicon-level-up 
マンタポイントへ毎日GO icon-exclamationGO icon-exclamation

石垣島ダイビングで会えるマンタのアップ

 icon-calendar-o 最高気温31~33度 最低気温23~25度
平均気温が30度と「The石垣島!」な日が続きます
 icon-calendar 平均水温30度と言えば・・・寒さストレスゼロ!
超快適なダイビングが楽しめます icon-music 
 icon-user  スーツ:5mmウエットスーツ

 icon-check-square-o 日焼け止め・帽子・サングラス・長袖シャツ等 防暑具は必要

 icon-anchor 7月8月9月 真夏のメインエリアは
北部(川平・荒川・米原・伊原間・平野・平久保)方面

7月8月9月の海 おススメ1 北部出発のポイント
憧れのマンタポイントへ毎日出航予定

石垣島ダイビングで会えるマンタ

何と言っても石垣島人気NO.1
マンタポイントへ行けるチャンスが最も高いのは夏 icon-exclamation 

manta_diver02-1280manta_face-1280

動画もお楽しみ下さいませ(↓こんな感じです)

動画(0’47”)

manta_side-1280manta_diver01-1280
こちらも参考にして下さい↓↓↓
 icon-chevron-circle-right 石垣島はマンタの海   icon-chevron-circle-right 石垣島でマンタを撮ろう♪
 icon-chevron-circle-right そもそもマンタって?「マンタの基本と見れたらおもしろい生態」
 icon-chevron-circle-right 遭遇率が一目でわかる「石垣島マンタカレンダー」 manta_card01-1280

7月8月9月の海 おススメ2 北部出発のポイント
真夏の石垣島!海の中は最も華やかなシーズン icon-music 

石垣島ダイバーとキビナゴの群れ

キンメ&スカシやグルクンの群れもボリュームアップ
海の中は1年の中で最も華やかなシーズン icon-exclamation 太陽光線も最強 icon-sun-o 

石垣島ダイバーとキンメモドキの群れ石垣島の強烈な太陽とダイビングボート 「早く海に飛び込みたーーーい」最高の季節です~

7月8月9月の海 おススメ3 北部出発のポイント
夏は地形のポイントが熱い icon-exclamationicon-exclamation

石垣島の地形が楽しいダイビングポイント1石垣島の地形が楽しいダイビングポイント2

太陽光線が強い夏は光のシャワーがスゴイ

石垣島の地形が楽しいダイビングポイント3石垣島の地形が楽しいダイビングポイント4

地形ポイントは疲れた心が洗われます~

7月8月9月の海 おススメ4 北部出発のポイント
石垣島最北端のサンゴエリアに癒される

石垣島最北端のサンゴ1石垣島最北端のサンゴ2

これぞThe沖縄ダイビング
「平野のサンゴエリア」へは海が穏やかで太陽キラキラの夏

石垣島最北端のサンゴ3石垣島最北端のサンゴ4

手付かずのサンゴ礁に癒されます~

7月8月9月の海 おススメ5 北部出発のポイント
神秘的な生命のドラマ「ニシキテグリの放精&放卵」

ニシキテグリの放精&放卵は
日没ダイビング(夕日が沈む少し前にエントリー)です

石垣島ニシキテグリ放精放卵1

「ニシキテグリ」はダイバーなら一度は見たい人気の生物のひとつ
しかし目にするチャンスがなかなかない・・・

その「ニシキテグリ」を、石垣島では6月から8月位の間にじっくり観察するチャンスがおとずれます・・・そう!産卵の為に姿を見せるのです

人生さながら(笑)愛のドラマが繰り広げられますよ~

「ニシキテグリの放精&放卵」詳細はコチラ(クリック!)

※最低催行人数は原則として2名様より

7月8月9月の海 おススメ6 北部出発のポイント
夏だ!「ナイトダイビングへGOGO」

寒さストレスゼロの夏は「ナイトダイビング」の季節!
ナイトダイビングは夜でなければ味わえない楽しさが盛り沢山

「ナイトダイビング」の詳細はコチラ(クリック!)

※最低催行人数は原則として2名様より

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

 icon-exclamation-triangle 夏休み「ホテル&航空券」の手配はお早めに!

info201603

夏休み時期の石垣島の「宿」は既にキャンセル待ちの所もございます
お休みもダイビングの予約も取れたのに、宿や航空券の予約が取れない・・・という事態が十分予想されます。これからは石垣島のハイシーズン! 「ホテル&航空券」はお早めに手配をお願い致します。

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

7月8月9月 真夏の石垣島は
最強のダイビングシーズン

外せませんよ~!!
最高の夏を一緒に楽しみましょう icon-music 

Please come for diving icon-anchor 

お待ちしています icon-exclamation 

staff2017_cut

石垣島ダイビングNEWS/担当 女史

石垣島ニシキテグリの放精&放卵_2017年

:2017年04月01日
:耳よりニュース

7月8月9月石垣島のおススメ
神秘的な生命のドラマ
「ニシキテグリの放精&放卵」
日没ダイビング

石垣島ニシキテグリ放精放卵1

ニシキテグリの放精&放卵は
日没ダイビング(夕日が沈む少し前にエントリー)です

動画はこちら↓
かなり暗いのと画像が少し粗いですが・・・雰囲気がわかるかな?

動画(1’48”)

「ニシキテグリ」はサイケな体色からかとっても人気のあるダイバーなら一度は見たい生物のひとつ
しかし昼間は、サンゴの隙間の奥に隠れているので、目にするチャンスがなかなかない・・・

石垣島ニシキテグリ

その「ニシキテグリ」が石垣島では6月から8月位の間にじっくり観察するチャンスがおとずれます・・・そう!産卵の為にサンゴの外に姿を見せるのです

石垣島ニシキテグリ放精放卵2 オスとメス2人の気持ちが盛り上がれば放卵放精します
が・・・
次々とメスをとっかえるオスもいれば
いつまでたってもメスに受け入れてもらえずにチョロチョロするばかりのオスがいてみたり・・・
人生さながら(笑)愛のドラマが繰り広げられますよ~

ちなみに「ニシキテグリの放精&放卵」は
見るのも撮るのもかなりコツが必要です そこで・・・

まずはブリーフィング(というより作戦会議に近い?!)
待機の仕方、まずはどれがニシキテグリか確認(笑)、観察の仕方、ライトの当て方、写真の撮り方・・・
その後、真っ赤に染まる美しいサンセットをボート上で迎えエントリーという感じ

【スケジュール】

 icon-calendar 開催時期:6~9月の日没時
 icon-clock-o 時間:18:00出港~20:00帰港
(日没の時間に合わせて多少スケジュールが変動します)

【料金】

日没ダイビング:11,000円(税別)
ライトレンタル:1,000円(税別)

【参加条件】

 icon-circle-o ナイトダイビングSPカードをお持ちの方(どこの指導団体のカードでもOK)又はナイトダイビングの経験がある方
 icon-circle-o 昼間のダビングにブランクや不安のない方

「ナイト(日没)ダイビングの注意事項」もご確認下さい

1)最低催行人数は原則として2名様より
2)安全面を考慮し到着日の1本目がナイト(日没)ダイビングになる場合はご参加できません
3)ナイト(日没)ダイビングだけのご参加はお受けしておりません。日中ジーフリーをご利用頂いてスキル等を確認出来た方に限らせて頂きます
4)帰港後、送迎となりますと宿への到着時刻は遅くなりますのでご注意下さい。レンタカーでの来店がおススメです
5)宿泊先は夕食の手配がしやすい市街地がおススメです
6)夕食付の宿にお泊りの方は夕食の時間変更はご自身でお願い致します
7)ダイビング後のログ付はありません

※ナイト(日没)ダイビングは昼間以上に安全に対する注意が必要になりますので、開催は当日の海況を判断してから決定致します。ご希望があっても中止と判断する場合もございますのでその際はご了承下さいませ

【ナイト(日没)ダイビングがはじめての方へ】

昼間のダイビングでスタッフよりスキルチェックのOKがあれば「アドベンチャーコース」を受講した後、ナイト(日没)ダイビングに参加が可能です(通常料金にプラス¥5,000+税でOK)

「アドベンチャーコース」はPADIナイトダイビングコースに従い、ナイトダイビングの基本や注意をレクチャー致します
ご希望の方はスタッフにぜひご相談下さい!

刻一刻と闇の夜へと変化する水中で行われる生命のドラマ
ぜひ私たちと一緒に見に行きませんか?

7月8月9月 真夏の石垣島は
最強のダイビングシーズン

Please come for diving icon-anchor 

お待ちしています icon-exclamation 

石垣島ダイビングNEWS/担当 女史

石垣島ダイビング5月6月のおすすめ_2017年

:2017年02月24日
:耳よりニュース

5月6月石垣島は気温も水温も急上昇 icon-level-upicon-level-upicon-level-up
「1年の中でも一押しのベストシーズンです icon-exclamation

石垣島ウメイロモドキ

 icon-calendar-o 最高気温:30~32度、最低気温:20~22度
平均気温:25度以上の夏日が続きます
 icon-calendar 平均水温も5月が24~26度、6月が26~28度
透明度も抜群!快適なダイビングが楽しめちゃいます icon-music 
 icon-user  スーツ:5mmウエットスーツ(&フードベスト)

石垣島の5月6月は夏日和ですが・・・
 icon-check-square-o 寒がりの方は5月はまだ念のためフードベストをお持ちになって下さい

 icon-anchor 5月6月 初夏のメインエリアは
北部(川平・荒川・米原・伊原間)方面です
憧れの太平洋(平野・平久保)遠征もチャンス!!

※最終的には当日の風向きや海況を判断して
南部出発 or 北部出発 よりベストなエリアに決定します

5月6月の海 おススメ1 北部出発のポイント
透明度バツグン!ワイド撮影も楽しい icon-music 

石垣島カスミチョウチョウウオ

石垣ブルーにホワイト&イエローが映えます~カスミチョウチョウウオ!
そしてこの時期はスズメダイの仲間も産卵シーズン

石垣島イッセンタカサゴ石垣島キビナゴ

石垣島ならではのグルクンの群れ!普通種でも大群に会えると迫力です~
水面にはそろそろキビナゴも増えてきますよ

石垣島ウメイロモドキ2

囲まれたらテンション上がります~ウメイロモドキの大群!
早く潜りたくなってきましたね~

5月6月の海 おススメ2 北部出発のポイント
憧れのマンタポイントへチャンス大!

manta_card01-1280

何と言っても石垣島人気NO.1
マンタポイントへ行けるチャンスが5月から一気に上がりますよ~ icon-exclamation 

動画もお楽しみ下さいませ(↓こんな感じです)

動画(0’47”)

こちらも参考にして下さい↓↓↓
 icon-chevron-circle-right 石垣島はマンタの海   icon-chevron-circle-right 石垣島でマンタを撮ろう♪
 icon-chevron-circle-right そもそもマンタって?「マンタの基本と見れたらおもしろい生態」
 icon-chevron-circle-right 遭遇率が一目でわかる「石垣島マンタカレンダー」 manta_side-1280manta_diver01-1280

5月6月の海 おススメ3 北部出発のポイント
太陽サンサン!キンギョハナダイが華やか

石垣島ハナダイ

5月6月は生物のボリュームが増してきて海中は華やか
強い太陽光線の中ヒラヒラと舞う鮮やかなハナダイに見惚れてしまいますよ~

動画もお楽しみ下さいませ(↓こんな感じです)

動画(1’00”)

5月6月の海 おススメ4 北部出発のポイント
平久保・平野・太平洋エリア遠征のチャンス icon-exclamationicon-exclamation

石垣島ブルーケーブ

何が起こるか?!怒涛のミラクルワールド!
「平久保・太平洋エリア」への遠征は海が穏やかな初夏に可能性大

石垣島グレーリーフシャーク石垣島ロウニンアジ

太平洋エリアは少数精鋭で行く特別なポイント「連休や祝祭日を避けて!」石垣島のショップで、このエリアまで来れるのは北部のジーフリーならでは!!

動画はこちら↓

動画(0’54”)

グレーリーフシャークとホワイトチップ
サメの群れはテンションMAX?! なんとなく緊張しますね~

石垣島ブルーケーブ2

5月6月の海 おススメ5 北部出発のポイント
神秘的な生命のドラマ「ニシキテグリの放精&放卵」

ニシキテグリの放精&放卵は
日没ダイビング(夕日が沈む少し前にエントリー)です

石垣島ニシキテグリ放精放卵1

「ニシキテグリ」はダイバーなら一度は見たい人気の生物のひとつ
しかし目にするチャンスがなかなかない・・・

その「ニシキテグリ」を、石垣島では6月から8月位の間にじっくり観察するチャンスがおとずれます・・・そう!産卵の為に姿を見せるのです

人生さながら(笑)愛のドラマが繰り広げられますよ~

「ニシキテグリの放精&放卵」詳細はコチラ(クリック!)

※最低催行人数は原則として2名様より

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

 icon-exclamation-triangle 連休「ホテル&航空券」の手配はお早めに!

石垣島は「人気の宿」からすぐに予約がうまってしまいます
お休みもダイビングの予約も取れたのに、宿や航空券の予約が取れない・・・という事態も十分予想されます。
「ホテル&航空券」はお早めに手配をお願い致します。

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

5月6月はこの時期だけがチャンスの
見どころが盛り沢山

初夏の石垣島ダイビングは外せません!!
神秘的な生命のドラマを一緒に見に行きましょう icon-music 

Please come for diving icon-anchor 

お待ちしています icon-exclamation 

staff2017_cut

石垣島ダイビングNEWS/担当 女史

うみの教室WEBサイトリニューアルのお知らせ

:2017年01月18日
:耳よりニュース

【 うみの教室WEBサイトリニューアルのお知らせ 】

いつも「ジーフリー」のWEBサイトにご訪問頂き、誠に有難うございます。 本日ジーフリー姉妹店「うみの教室」のWEBサイトをリニューアル致しましたのでお知らせ致します。

石垣島体験ダイビング&ライセンススクール「うみの教室」
umikyo.com/

各種情報をよりわかりやすく、より使いやすいサイト、そしてお客様が知りたい情報が満載のサイトを目指して、もっともっと内容を充実して参ります。ジーフリーWEBサイトと共にこれからもどうぞよろしくお願い致します。

(株)ジーフリー/うみの教室

umikyo20170118-1280 コメント:女史

石垣島ダイビング3月4月のおすすめ_2017年

:2016年12月20日
:耳よりニュース

3月4月石垣島は
本格的にダイビングシーズン始動
 icon-level-up 

kobushime_01-1280

 icon-calendar-o 最高気温:28度~最低気温:25度位 平均水温:25~23度
 icon-user  Wスーツ:5mmウエットスーツ&フードベスト or ドライスーツ

石垣島はすっかり春!日によっては夏日和にも~ icon-meh-o 
 icon-check-square-o でもまだまだフードベスト&ボートコートはお持ちになって下さい
(お持ちでない方にはレンタルもございますのでご安心を!)
 icon-check-square-o ドライスーツをお持ちの方はドライスーツも快適

 icon-anchor 3月4月 春の間のメインエリアは
南部(黒島・竹富島・名蔵・大崎)方面です
(※春期は宿泊先も南部/市街地エリアの方がおススメ)

そして北部エリアへのダイビングも少しづつ増えていく頃
最終的には当日の風向きや海況を判断して
南部出発 or 北部出発 よりベストなエリアに決定します!

3月4月の海 おススメ1 南部出発のポイント
南部エリア(竹富・大崎)はコブシメのドラマが熱い!

kobushime_02-1280

「コブシメの求愛&バトル&産卵」は3月&4月がピーク
コブシメは体長50cmを超える大型ののコウイカ、石垣島ではこの時期、毎年同じ場所にたくさんのコブシメが繁殖のために集まってきます

kobushime_03-1280kobushime_04-1280
そもそもコブシメは体の色を自由自在に変えられるので見ていて飽きない人気の生物なのですが・・・この時期限定の求愛や産卵シーンは、それとは比べものにならないくらい本当に見ごたえがあります!

動画(2’59”)

意中のメスを見つけたオスは体表面の色や模様を変化させ(白っぽいとっても優しい感じの色)雌に熱烈なラブコールを送ります
そこでメスがOKしたら、これまた熱烈な交接がはじまるわけなんですが・・・ kobushime05-1280

↑左がメス、右がオス

人生そんなに甘くない!!
どこからともなく同じメスを狙うライバルのオスが登場します

すると今までのやさしい色が一変!虎のような縞模様を浮かび上がらせて猛然とライバルのオスを威嚇します

kobushime06-1280

↑「俺の方が大きくて強いぜ!どーだ!」という感じ・・・

ライバルのオスも負けじと、同じように威嚇のポーズをとる。体を思いっきり伸ばして自分が相手よりも大きいということを誇示
とにかくすごい迫力なんです!!

さ・ら・に・驚きなのはその色の変え方 ↓ コチラ

kobushime07-1280 何とメスに向いている側の体はやさしい色のままで、ライバルに向いている側の体だけ攻撃色を出すという器用さ
上からみると体の左右で全然違う色なんです(゚ロ゚屮)屮 kobushime_08-1280 複数の雄が一匹の雌を巡って熾烈な戦いを繰り広げるのです。そしてメスを巡るオスの喧嘩で勝敗を分けるのは体の大きさ・・・大きくて強い者が子孫を残せるというのが「自然の掟」なのです kobushime_09-1280 その戦いのかたわらでは無事に愛を育んだメスのコブシメがサンゴの隙間に足を細長~く伸ばして差込み1つ1つ丁寧に卵を産み付けていたり・・・ペアのオスが、産卵するメスを少し離れたところから見守っていたり・・・ kobushime_10-1280

ちなみに産みたてのコブシメの卵は真っ白でピンポン球のような感じ。成熟が進むにつれて殻がだんだん透明に近づき、やがて幼体が透けて見えるようになってきます←これがまたかわいい!(産みつけられてから1~2か月で孵化しますよ)

・・・というわけで~
この時期はコブシメの求愛&バトル&産卵、浮気・二股・嫉妬・ちゃっかり?!etc昼ドラばりの衝撃的な生態を同時に見ることが出来ます!

 icon-camera 撮影も簡単ですよ!求愛や産卵で夢中のコブシメにはかなり寄れるし、じっとしてるのでデジカメでも簡単に写真が撮れちゃいます~

3月4月の海 おススメ2 南部出発のポイント
竹富南はイソマグロポイントが熱い!

isomaguro01-1280isomaguromure02-1280

潮を当てて入れば大型のイソマグロが回遊
ツムブリの群れや時にはバラクーダ、ナポレオンまで~

isomaguro02-1280isomaguromure03-1280

水温が低いのを好む大型生物は夏は深場にいて会えるチャンスが少ないのですが、冬になって水温が下がってくると、ダイバーが潜るような浅い水深で会えるチャンス大なのです!

3月4月の海 おススメ3 南部出発のポイント
黒島でマンタの捕食シーンを抑える!

manta_-suimen01-1280manta_-suimen02-1280

冬は黒島エリアでマンタの遭遇率up
水面で捕食中のマンタを見ることが出来るので、川平エリアのクリーニング中のマンタとはまた違う迫力!!

manta_-suimen03-1280manta_-suimen04-1200

3月4月の海 おススメ4 北部出発のポイント
北部エリア/伊原間アウトリーフで大物のチャンス!

barracuda-1280madaratobiei_3-1280

水温が下がることで回遊魚が浅い水深へ移動
イソマグロやバラクーダが群れはじめます

isomaguro_pair-1280tsumuburi-1280

海況が良ければ憧れの「太平洋エリア」へも
そろそろ出動のチャンスあり!!

bluecave_01-1280 bluecave_02-1280

3月4月 見どころ満載!春の石垣島へ

Please come for diving icon-anchor 

お待ちしています icon-exclamation 

staff2017_cut

石垣島ダイビングNEWS/担当 女史